山形翁

粉には随分こだわりを持っているようです。8時間以上かけて作ったそば粉は細打ちのざるそば、甘皮は太打ち黒の田舎そばに。今回はざるそばをいただきました。1mm程度の好みのそば、コシあり歯ごたえあり香りも良し。ダシは強がしょっぱく無くおいしい。多分100そば。上物です。しかし残念なことに冷やしが足りず美味しい麺が生きていない。また容器に竹ざるを使用してるためか、必要以上に水分がぬけ、時間がたつと麺が乾きすぎてしまうような気がしました。この2点を改善すれば、トップクラスの実力はあると感じました。ご主人お願いします。

最初のページへ

そば紀行へ