蝋燭庵(あかしあん)

本当は蝋という字は古い文字を使用しています。ここのそばはうまい。飛びぬけてうまい。これぞまさしくそばの王道でしょう。1.5mm程度の蕎麦ですが、その香りは群を抜いています。蕎麦自体がかなり強い甘いやさしい香りを持っています。ここまで強い香りのそばはいただいたことはありません。麺のコシ、歯ごたえ、歯ざわり申し分ありません。食後しばらくは口、喉に蕎麦の香りの余韻が広がりまた食べたいという気持ちにさせてくれます。そば好きならおさえておきたいお店でしょう。食べながら見る雪景色も最高のロケーションです。写真は、権現そば切りです。

第2報(2001.4.9)
先日、2度目いただきました。しかし一度めの時のような香りコシ感動はありませんでした。それでもほのかな甘い香りときりっとしまったそばはおいしかったです。そばのできによって大きく味が変わることを痛感しました。前回、最初にしてそんな魅力的なそばにあたったことは、ラッキーだったのかもしれません。

最初のページへ

そば紀行へ