あかね

手持ちの本には、掲載されてはいませんでしたが、入ってみました。そのメニューからそば屋というより食堂というかんじの品揃えでした。時間がずれていたためかお客さんはいませんでした。(デジカメ持っておるとお客がいすぎても、いなさ過ぎても、なんだかいやだにゃー)....1.5mmx3mm程度の田舎風、コシはあるし冷やしも悪くない。この手の麺にありがちな、あごが疲れるぅ〜というほど硬くなく食べやすい感じでした。(硬いのもいいけど)ツユのダシはあまり感じず、醤油ベースな感じです。まろやかな、おいしい醤油でした。普通は頼まないけれど、”げそ天美味しいですがいかがですか?”といわれて思わず、”はい”といってしまいました。(この攻撃は私には有効のようです。)挙句の果にサービスですと柿までいただいて.......しっかりデジカメ見られてたのね.......しくしく...........。

最初のページへ

そば紀行へ