U.M.F 未確認ファイル
〜BANDAI 2001 MADE IN JAPAN

ガ..ガビョ-ン..。この世は不思議がいっぱいなの。にゃ...。.

U.M.F 未確認ファイルカードの著作その他の権利はBANDAIに帰属します。またカードの写真には
それぞれに別の著作その他の権利が存在します。
画像他の複製、転用は一切禁止します。このHPが不都合な場合は、連絡ください。対処いたします。

File.04 YOWIE(ヨーウイ)
オーストラリアに生息し、長きに渡り人類を拒み続けている未知の獣人ヨーウイ。しかし昨今は、その行動範囲を人間の居住地にまで広げ始めている。巨大なものになると身長約3m、足のサイズは30cmにもおよぶという。さらにこの生物は驚くべき怪力の持ち主でもあり、足跡のそばには捕食したと思われるカンガルーの死体が、無残に引き裂かれた状態で発見されてている。

PHOTO: CAMERA PRESS/ORION PRESS
File.05 DE LOYS APE(モノス)
1920年、スイスの地理学者フランシス・ド・ロイスは、南米ベネズエラの山奥、エル・モノ・グランデ峡谷で正体不明の二頭の獣人に遭遇した。このとき獣人に襲われたロイスは、発砲してそのうちの一頭を射殺している。モノスと名付けられたこの獣人は身長約1.5m、長い手と脚をもっていた。性格は凶暴で、1954年にも峡谷に入り込んだイギリス人ハンターが襲われている。

PHOTO: FORTEAN PICTURE LIBRARY/ORION PRESS
File.06 CHUPACABRAS(チュパカブラ)
1995年11月、プエルトリコ島で家畜の生き血が抜き取られるという怪事件が頻発した、狙われた家畜には、いずれも1cm前後の血を抜き取ったと思われる穴が開いていたが、不思議なことにその周囲には流血した痕跡が一切なかったという。この現象は目撃者などの証言から吸血怪獣ではないかとされ、住民に一層の恐怖を植え付けている。なおチュパガブラとは「ヤギの血を吸うもの」の意。

PHOTO: FORTEAN PICTURE LIBRARY/ORION PRESS

戻る